加藤まり子の美術史講座 利用規約

 本規約は、お客様が、加藤まり子(以下「講師」)の提供する「加藤まり子の美術史講座」(以下「本サービス」)をご利用いただく際の利用条件を定めるものです。本サービスを利用される方(以下「利用者」といいます)は、本規約に同意した上で本サービスを利用したものとみなします。

第1条(適用)
 本規約は、利用者と講師との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

第2条(利用登録)
 1 本サービスの利用の希望者(以下「登録希望者」)は本規約に同意した上で本サービスのwebサイトを通じて、電子メールアドレス及びパスワードを設定して仮会員登録を行います。Webサイト上のボタンが押され仮会員登録完了時点で利用者は本規約に同意したものとみなします。
 2 仮会員は、本サービスのwebサイトを通じて本サービスの利用料の支払い手続きを行います。支払手続が完了し、有料会員となった時点から本サービスの利用者となります。
 3 講師は、登録希望者に以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負いません。
(1) 利用登録の申請に際し虚偽の事項を届出た場合
(2) 本規約に違反したことがある者からの場合
(3) その他講師不適切と判断した場合
4 利用期間は次のとおりとする
(1)1ヶ月更新:当月の末日まで。
(2)12回一括払い:2021年12月末日。
(3)6回払い:2020年7月入会の場合2020年12月末日、2021年1月入会の場合2021年6月末日。

第3条(登録情報の管理)
1 利用者は、自己の責任において、パスワードを管理します。
2 利用者は、いかなる場合にも本サービスを利用するためのメールアドレス及びパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。
3 メールアドレスとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には、利用者自身による利用とみなします。
4 登録情報の不正使用によって講師または第三者に損害が生じた場合には、利用者は講師及び第三者に対し当該損害を賠償する責任を負います。
5 登録情報が盗用されまたは第三者に利用されていることが判明した場合、利用者は直ちにその旨を当社に通知するとともに、講師からの指示に従います。
6 利用者は、本サービスに登録したメールアドレスまたはその他の情報に変更があった場合、直ちに変更後の情報を講師指定のフォームにて講師に通知します。

第4条(利用料金及び支払い方法)
 利用者は、本サービス受講の対価として、講師が下記に定める各コースに従った利用料金をpaypalを通じて講師に支払う。
               記
Ⅰ 西洋美術史基礎講座 全12回「ギリシャ時代〜ポスト印象派」
(1)1ヶ月更新 料金9500円 毎月毎に自動更新
(2)12回一括払い 料金108000円(1回あたり9000円)
(3)6回前払い 料金 55500円(一回あたり9250円)
Ⅱ シンボリズムから紐解く☆ルネサンスとタロット
(1)1ヶ月更新 料金19000円 毎月毎に自動更新(2020年8月〜2021年6月)
(2)12回一括払い 料金198000円(1回あたり16500円)
(3)6回払い 料金 102000円(一回あたり17000円)
Ⅲ 過去分動画 無制限視聴コース
(1)1ヶ月更新 料金10000円 毎月毎に自動更新
(2)12回一括払い 料金114000円(1回あたり9500円)
(3)6回払い 料金 58500円(一回あたり9750円)

第5条(利用登録の解除)
1 利用者が本サービスの利用終了を希望する場合、本サービスのwebサイト上のフォームにより講師に通知します。
2 講師がフォームの内容を受領した時点で、利用登録の解除を承認したものとします。
3 1ヶ月更新(12回分割払)の場合は利用解除の承認時点で次月の支払いを停止します。
4 12回一括払い及び6回払いの場合、利用開始から利用解除の申し出があった月の翌月までの利用料を以下に記載の金額として受領済みの利用料から差し引いて残額を返還します。

Ⅰ 西洋美術史基礎講座 全12回「ギリシャ時代〜ポスト印象派」
月額10000円
Ⅱ シンボリズムから紐解く☆ルネサンスとタロット
月額20000円
Ⅲ 過去分動画 無制限視聴コース
月額10000円

第6条(著作権)
 本サービスにおいて提供する講座の内容の著作権はすべて講師が有します。

第7条(禁止行為)
 本サービスの受講に際し、講師は、利用者に対し、次に掲げる行動を禁止します。
1 本サービスによって提供された教材・本サービスの内容の無断転載
2 講師または第三者の名誉・信用を毀損する行為
3 講師または第三者に対する不当な差別行為もしくは誹謗中傷する行為
4 講師または第三者に経済的損害を与える行為
5 講師または第三者に対する脅迫
6 本サービスのシステムへの攻撃及び過度な負担をかける行為
7 本サービスのインターフェイス以外の方法で本サービスにアクセスを試みる行為
8 上記の他、講師が不適切と判断する行為

第8条(利用制限及び登録抹消)
 講師は以下の場合には、利用者に対して事前の通知なく、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、又は利用者としての登録を抹消することができます。この場合においては支払い済みの利用料を返還しません。
1 本規約のいずれかの条項に違反した場合
2 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
3 その他、講師がサービスの利用を適当でないと判断した場合

第9条(サービス内容の変更・停止)
1 講師は受講生に事前に通知することがなく、保サービスの内容を変更することができる。
2 講師は以下のいずれかの事由があると判断した場合、受講生に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができる。
 
第10条(免責事項)
1 講師は、本サービスの内容変更・中断・停止によって生じたいかなる賠償についても一切責任を負わない。
2 講師は利用者の本サービスの利用環境について、一切の責任を負いません。
3 講師は、故意又は重過失ある場合を除き、本サービスを利用したことにより直接的または間接的に利用者に発生した損害について賠償責任を負いません。
4 講師が損害賠償責任を負う場合、受講費用の範囲内においてのみ責任を負います。

第11条(規約の変更)
1 講師は以下の場合に、裁量により利用規約を変更することができます。
(1)利用規約の変更が、利用者の一般の利益に適合するとき。
(2)利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。
2 講師は前項による利用規約の変更にあたり、変更後の利用規約の1か月前までに利用規約を変更する旨及び変更後の利用規約の内容とその効力発生日を本サービスwebサイト(URL: http://mariko-no-heya.com/kiso2020/)に掲示し、または利用者に電子メールで通知します。
3 変更後の利用規約の効力発生日以降に利用者が本サービスを利用したときは、利用者は利用規約の変更に同意したものとみなします。

第11条(講師への連絡方法)
1 本サービスに関する利用者の講師へのご連絡・お問い合わせは、講師が本サービスのwebサイト上に設置するお問い合わせフォームからの送信、講師が指定するメールアドレスへの電子メールの送信、または講師が指定する電話番号への電話により行います。
2 本サービスに関する講師から利用者への連絡は、利用者が登録したメールアドレスへの返信または講師が別途指定する方法で行います。

第12条(分離可能性)
 本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有します。

第13条(準拠法・管轄裁判所)
1 本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
2 本サービスに関して紛争が生じた場合には東京地方裁判所を専属的合意管轄とします。