ドゥオモと洗礼堂と花のマリア大聖堂 2時間コース

フィレンツェの大聖堂、サンタ・マリア・デル・フィーオーレ大聖堂です。
白とピンクと緑色の新ゴシック様式のファサードは感動します。この大聖堂を毎日見ることができる生活がしたい!というささやかな(?)希望をかなえるために安定したサラリーマン生活を捨ててフィレンツェに引っ越してしまいました。それから2年。希望通り毎日この景色を見る生活をしています。
白が「信仰」緑が「希望」ピンクが「慈愛」というキリスト教の美徳を表すとも言われています。
中に入るとその大きさに圧倒されます。
長さ153mという巨大なスペース。
13世紀末に建設が開始しました。当時フィレンツェはヨーロッパ最大の都市でした。その大きさに見合うような大きな大聖堂の建設を計画したのです。
1296年に礎石が置かれてから1436年に大きなドームが完成するまで約140年の時をかけて作られた大聖堂。その後数々の歴史の舞台となりました。
1439年には東西両教会合同声明が読み上げられ、1478年の復活祭のミサ中にはメディチ家が反対勢力に襲われます。
ミケランジェロのダヴィデ像が設置される予定だったのもここ。
1600年にはフランス王妃となるマリー・ド・メディシスが結婚式を挙げました。
彼女の孫は太陽王と呼ばれたルイ14世、そしてその子孫はマリーアントワネットの夫となったルイ16世に続きます。
ガイドと一緒に歴史を感じながらドームを見てみませんか?
2時間ツアー:洗礼堂、大聖堂、ドーム(クーポラ)

3人まで:120ユーロ
以降お1人追加につき20ユーロ
6人以上は割引があります。お問い合わせくださいませ。

別途、入場料15ユーロが必要です。

投稿日:2017-02-17 更新日:

Copyright© フィレンツェ公認観光ガイド 加藤まり子 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.