美術展鑑賞

「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」見学会を開催しました!

投稿日:2021-02-19 更新日:

江戸東京博物館で開催中の「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」に行ってきました!

人気講談師の神田伯山さんの解説はこちら↓

西洋美術にも影響を与えたエジプト文化

今回エジプト展の見学を企画したのはエジプトが西洋美術に大きな影響を及ぼしたからです。

ギリシャ美術に影響を与えたエジプト美術

西洋美術史は通常エジプト美術から始まります。エジプト美術はギリシャに大きな影響を与えました。

例えば一歩足を前に出した立像はエジプト彫刻の特徴ですが、初期のギリシャ彫刻はこれを真似ています。ギリシャ彫刻は後にルネサンス時代に理想の形として美術作品の標準となるので、影響を及ぼした範囲は大きくなります。

エジプト・ブームがヨーロッパを席巻!

フィレンツェの広大なボーボリ庭園には大きなオベリスクが建てられています。

ローマのナヴォーナ広場やパンテオン、パリのコンコルド広場にあるオベリスクをご存知の方もいらっしゃると思います。ヨーロッパでは16世紀以降貴族たちが古代の遺物を集めるようになりました。19世紀に入るとエジプトの遺跡から持ち帰った作品が展示されるようになりました。ヨーロッパには大英博物館初め、主要な美術館、博物館でエジプト・コレクションがあります。

 

フィレンツェにもイタリアで2番目に大きいエジプト博物館があります。そのためフィレンツェ観光ガイドの資格の中にはエジプトの歴史とエジプト博物館の勉強も含まれています。

 

6000年前の作品も!古代の歴史を味わってください

今回のベルリン・エジプト博物館も大きなコレクションを誇るエジプト博物館です。中には6000年前の作品もあり、歴史を感じさせます。

エジプト版あまびえ。病を癒す女神様として知られ、多くの彫刻が作られたそうです。

実は聖母子像もエジプトが起源?!ウラ話満載の美術展見学会

西洋美術で最もポピュラーな画題、聖母子像。

なんと実はこの聖母子像の原型となったと言われるのが、エジプトの女神イシスが息子ホルスを抱く姿だと言われています。

ホルスを抱くイシス

美術展見学では観光ガイドとして勉強した経緯から、こういったウラ話も交えながら解説します。オーディオガイドや図録だけでは知り得ない情報満載です!

 

次回の美術展見学は2/27「コンスタブル展」

解説を交えながらプロのガイドと見学する美術展。次回は2/27に三菱一号館美術館で開催中の「コンスタブル展」を見学します。

コンスタブルは19世紀にイギリスで活躍した画家です。同時代のターナーと並び、イギリスを代表する風景画家です。産業革命で失われ行くイギリスの田舎を描き続け、バルビゾン派にも大きな影響を与えました。今回の展覧会はイギリスのテート美術館からのコレクションが展示される貴重な機会です。

乾草車(今回は展示されません)

プロのガイドと美術展を見学したい方はぜひこちらからお申し込みください。

2021/2/27 三菱一号館美術館「コンスタブル展」見学

 

海外旅行がままならない今、
日本にいながらヨーロッパ本場の美術作品を堪能しませんか?

加藤まり子の西洋美術史講座

 

今月の予定(クリックでお申し込みページに飛びます)

講座サンプルはこちらからご視聴ください

お得な会員制度はこちらから

過去分動画 無制限視聴コース 会員について

お問い合わせ

お問い合わせは、Line@または以下のお問い合わせフォームからどうぞ。

Add friend

     

    -美術展鑑賞

    Copyright© フィレンツェ公認観光ガイド 加藤まり子 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.