美術展鑑賞

映画「ルーブル美術館の夜 ― ダ・ヴィンチ没後500年展」を観てきました!

投稿日:

映画「ダ・ヴィンチ没後500年展」

チケットが売り切れたルーヴル美術館で開催された「ダ・ヴィンチ没後500年」展。それを再現した映画が上映されています。

映画ライブ・ビューイング「ルーブル美術館の夜 ― ダ・ヴィンチ没後500年展

レオナルドが亡くなったのは1519年。亡くなった地フランスで開催された大回顧展です。ルーヴルに所蔵されているダ・ヴィンチ作品に加え、フランス各地、そしてエルミタージュなど世界各国から名作が集められました。「最後の晩餐」など搬送できないものに関しては再現されています。

フィレンツェからの作品

展示されていたのはダ・ヴィンチの絵画やスケッチですが、その中で存在感を放っていたのがこちらの作品です。

ヴェロッキオ「聖トマスの不信」

ヴェロッキオはダ・ヴィンチの師匠です。映画の中ではこの作品がダ・ヴィンチに与えた影響について語られていました。ヴェロッキオは当時フィレンツェで最大工房の一つです。若きダ・ヴィンチはここで修行しました。

ちなみに師匠ヴェロッキオが若き弟子ダ・ヴィンチをモデルに制作したと言われる彫刻がこちらです(映画には出てきません)。知られているダ・ヴィンチ像と比較すると結構イケメンではないでしょうか?

ヴェロッキオ「ダヴィデ」

ルーヴルのダ・ヴィンチ作品

ルーヴルには以下のダ・ヴィンチ作品が所蔵されています。

  • モナリザ
  • 洗礼者ヨハネ
  • 聖アンナと聖母子
  • 岩窟の聖母

完成品が少ないダ・ヴィンチにおいて、どれも名作ばかりです。これほどのものが残ったのは、ダ・ヴィンチがフランス王フランソワ1世に招かれて晩年をフランスで過ごしたからです。当時のフランスはまだまだ芸術においては後進国。芸術家は職人扱いでした。フランソワ1世は当時最先端だったイタリアから芸術家たちを招き、フランスの芸術向上に努めました。

アングル「ダ・ヴィンチの死」

ちなみに今回出展された作品の小冊子はこちらからダウンロードできます(フランス語、英語)。右下の「Exhibition Booklet」のリンクをクリックします。

アート・オン・スクリーン「天才画家ダ・ヴィンチの全て」

1/29からは「アート・オン・スクリーン 天才画家ダ・ヴィンチのすべて」が上映されます。

映画「ルーブル美術館の夜 ― ダ・ヴィンチ没後500年展」はルーヴル美術館に2019-2020の展覧会で集められた作品だけでしたが、アート・オン・スクリーンは全てのダ・ヴィンチ作品が対象。こちらも楽しみです。

 

海外旅行がままならない今、
日本にいながらヨーロッパ本場の美術作品を堪能しませんか?

加藤まり子の西洋美術史講座

今月の予定

講座サンプルはこちらからご視聴ください

お得な会員制度はこちらから

過去分動画 無制限視聴コース 会員について

 

お問い合わせ

お問い合わせは、Line@または以下のお問い合わせフォームからどうぞ。

Add friend

     

    -美術展鑑賞

    Copyright© フィレンツェ公認観光ガイド 加藤まり子 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.