1/15開催!西洋美術史基礎「印象派と19世紀フランス美術」解説

その他イベント

1/15に西洋美術史基礎「印象派と19世紀フランス美術」の解説講座を開催します。

西洋美術史基礎「印象派と19世紀フランス美術」解説

東京で印象派を扱った美術展が複数開催されています。
三菱一号館美術館「印象派・光の系譜」モネ・ルノワール・ゴッホ・ゴーギャン

丸紅ギャラリー「日仏近代絵画の響き合い」

これらの美術展に共通するのが19世紀後半のフランス美術が中心となっていること。19世紀は歴史的にも大激動の時代でした。前世紀のフランス革命に始まり、ナポレオンの遠征、ナショナリズムの台頭と度重なる政変など社会的に大きな変革がおきました。また産業革命が進み、蒸気汽船や鉄道が誕生するなど人々の生活も大きく変化しました。

芸術界にも大きな変革が訪れます。アカデミーと呼ばれる芸術の中心的存在から離れて活動する芸術家達が生まれるのです。その中でも最も大きな影響を及ぼしたのがモネをはじめとする印象派です。

歴史的、宗教的な題材を取り上げ、構図を組み立てて描くという従来の方式から離れて、「今」のパリが「今」どう自分に見えるか、というのを描き始めたのが印象派です。当時は批判されますが、その後の芸術に大きな道を開くこととなりました。

今回は印象派を中心にその周辺の時代と動きを解説していきます。三菱一号館美術館「印象派・光の系譜」はじめ、いろいろな美術展で役に立つ内容をお届けします。

終了後、ご希望の方と美術館見学にいきます。
・丸紅ギャラリー「日仏近代絵画の響きあい」
・三菱一号館美術間「印象派 光の系譜」を
ご希望の方は前日までにお知らせください。
チケットは別途各自でご用意ください。

オンライン講座受講(後日視聴も可能です!)

10:00〜12:00 「印象派と19世紀フランス美術」解説
の参加になります。

午後からの美術展見学ご参加の場合はご連絡ください。

定員:10名

含まれるもの:

  • PDF資料
  • 録画リンク
    当日参加できない方のために録画して後日視聴のリンクをお送りします。ご参加された方も復習のためにご覧いただけます。
    美術展にご参加の前後にぜひご覧になって学びを含めてください。

料金:11,000円 →ホームページ割引 10,000円(税込)

お申し込み

    1/15開催!西洋美術史基礎「印象派と19世紀フランス美術」解説
    のお申し込みです。

    *お申し込み後確認メールが届きます。記載のお支払い方法に沿ってお支払い後申込完了となります。メールソフトによっては迷惑メールフォルダに入ってしまうので、メールが届いていない場合は合わせてご確認ください。

    *キャンセル規定はこちらをご参照ください。

    注意事項

    • チケット代、飲食代、交通費などは含まれません。各自ご用意ください。
    • 予約制のチケットについてはご自身で事前にご予約ください。予約不備で入場できない場合の講座の返金は一切ありません。
    • コロナ対策にご協力ください。
      • 熱や風邪の症状のある方、同居のご家族に同様の症状がある方は美術展のご参加をお控えください。
      • マスクの着用、アルコール消毒にご協力をお願いします。講師もマスクを着用して講義します。ご了承ください。途中、換気のための休憩を設けます。
      • 各入場施設でのコロナ対策へのご協力をお願いします。

    海外旅行がままならない今、
    日本にいながらヨーロッパ本場の美術作品を堪能しませんか?

    加藤まり子の西洋美術史講座

    今月の予定(クリックでお申し込みページに飛びます)

    講座サンプルはこちらからご視聴ください

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました