フィレンツェ 作品紹介 誰も知らないフィレンツェ

フィレンツェ 小さな美術館「スカルツォの回廊」

投稿日:

フィレンツェの隠れた小さな美術館

年間1400万人(2016年調べ)の観光客が訪れるフィレンツェ。ウフィツィ美術館やドゥオーモなど観光名所がたくさんあります。

そんな中、観光客が少ない「知る人ぞ知る」の小さな美術館をインスタグラムで取り上げています。

スカルツォの回廊

トップバッターは「スカルツォの回廊です」

フラ・アンジェリコで有名なサン・マルコ元修道院美術館のすぐそばに小さい入り口があります。一見見過ごしがちですが、ここは週数回しか空いていない知る人ぞ知るの美術館です。

スカルツォの回廊の入り口

フィレンツェにはもともと「信心会」と呼ばれる信仰に基づいたグループがいくつもありました。この回廊はそのうちの一つ「洗礼者ヨハネ」のために捧げられたものです。

回廊の内部

中は回廊になっていて、壁はモノクロームのフレスコ画が描かれています。信心会が捧げられた洗礼者ヨハネの人生が絵画で語られています。

これを描いたのはアンドレア・デル・サルトという画家です。日本では知名度はあまり高くないのですが、ラファエロと同じ世代。フィレンツェで16世紀に活躍しました。美術史家ヴァザーリに「間違いのない画家」と呼ばれ、彼の工房からはマニエリスムの巨匠ポントルモやフランスで活躍したロッソ・フィオレンティーノが巣立った、美術史上に置いて大きな功績を残した画家です。

アンドレア・デル・サルトの胸像

モノクロームという大変珍しい様式ですが、敬虔な気持ちになれる回廊です。

View this post on Instagram

#フィレンツェ マニアックな名所紹介♪ スカルツォの回廊はサン・マルコ元修道院美術館の近く。午前中の決まった曜日しか開いてない。モノクロームの #フレスコ画 は「間違いのない画家」と呼ばれたアンドレア・デル・サルトが多くを手がけた。中世 #ルネサンス フィレンツェには多くの信心会が存在したがここもその一つ。壁画は洗礼者ヨハネの人生。動画なのて全部見れます。音声は #メメントモリ についての解説。 #イタリア #壁画 #名画 #美術館 #美術館巡り #ヨーロッパ旅行 #西洋美術史 #マニエリスム

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

それぞれのフレスコ画はInstagramで解説したものを紹介していますが、ぜひ見ていただきたい点があります。

  • 他の作品を参考にしている
    • ミケランジェロ作「メディチ家礼拝堂」
    • ヴェロッキオ「キリストの洗礼」
    • マザッチョ「ブランカッチ礼拝堂内 聖ペテロの洗礼」
  • フレスコ画を飾る装飾模様
    • 「グロテスク様式」と呼ばれローマ遺跡を参考にした16世紀に流行したスタイル
    • よく見ると十字架とキリストの遺影が描かれている

なかなか目が行きにくい部分ですが、こういった点からぜひご覧になってください。

モノクロームのフレスコ画

それぞれの作品の紹介をInstagramから紹介します。比較作品も一緒に紹介しているので、スライドしてみてくださいね。

天使のお告げ

長年子供が生まれなかった祭司ザカリアに神の力によって子供を授かることを天使が告げる。

View this post on Instagram

サンマルコ美術館の側にあるスカルツォの回廊。後期ルネサンス代表アンドレア・デル・サルトとフランチャビージョによって描かれた。洗礼者ヨハネの人生が回廊にモノクロームのフレスコ画で描かれている。これは洗礼者ヨハネの父ザカリアに長年生まれなかった子供が授けられたことを天使が祭壇で伝える様子。ザカリア、妻エリザベツ共に年老いていたため信じなかったのでザカリアは子供を名付けるまで喋れなくなる。 #フィレンツェ #ルネサンス #イタリア #イタリア観光 #マニエリスム #壁画 #フレスコ画 #モノクローム #美術館 #美術館巡り

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

 

聖母マリアのエリザベツ訪問

天使のお告げどおり懐妊したザカリアの妻エリザベツ。そこに同じように天使のお告げで懐妊した従姉妹のマリアが訪ねるシーン。

View this post on Instagram

昨日に引き続きアンドレア・デル・サルトのスカルツォの回廊。洗礼者ヨハネの人生をモノクロームのフレスコ画で描く。2枚目は「聖母マリアのエリザベツ訪問」天使から神の子を授かったと言われたマリア。従姉妹エリザベツも神の力によって妊娠したことを知って訪れるシーン。「お腹の子が貴女の子に会えて喜んでいます」というエリザベツの言葉通りその後ヨハネはイエスに洗礼を授ける。 オンラインサロン開設しました! https://community.camp-fire.jp/projects/view/203291 #フィレンツェ #イタリア #美術館 #美術館巡り #海外美術館 #名画 ##イタリア観光 #西洋美術史 #フレスコ画 #壁画 #回廊 #モノクローム #セピア色 #聖母マリア #ルネサンス #マニエリスム

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

子供に「ヨハネ」と名付けるザカリア

天使の言うことを疑ってしまったザカリアは口が聞けなくなってしまったので、子供の名前を石板に書いて天使のお告げどおりに名付ける。

View this post on Instagram

アンドレア・デル・サルトのスカルツォの回廊続き。ここは洗礼者ヨハネを祀る信心会の場所だったのでヨハネの人生が順番に描かれていて物語がわかるようになっている。 これはヨハネが生まれたシーン。ヨハネと名付けなさいと天使に言われていた父ザカリアが名前を書く。親戚にもいない名前なのにって周りに言われるけど、お告げ通り名付けてザカリアは再び言葉を話せるようになった。 https://community.camp-fire.jp/projects/view/203291 オンラインサロンで勉強して来年夏一緒にフィレンツェに行きませんか?10月は受講無料です。 #フィレンツェ #イタリア #隠れ名所 #イタリア観光 #フィレンツェ観光 #聖書 #洗礼者ヨハネ #美術館 #美術館巡り #モノクローム #壁画 #フレスコ画 #回廊 #名所巡り #小さな美術館 #海外美術館

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

荒野に修行に行くヨハネを祝福するザカリア

ヨハネは荒野で修行をすることになるのだけど、ヨハネが幼い姿で描かれているのが印象的。

View this post on Instagram

スカルツォの回廊、久しぶりの続き。 幼き洗礼者ヨハネは修行のため荒野へと向かう。父ザカリアが修行に出る息子に祝福を与える様子。 聖書には何歳で修行に出たかの記載はないが、荒野ではラクダの皮だけを身につけ、イナゴや蜂蜜で飢えをしのぐ過酷な修行を続けていたと言われている。この人こそ「救世主」じゃないかと噂されるほど尊敬されたが「私の後に来る人が救世主。私はその人の靴紐を解くほどの値打ちもない」と言ってイエスが現れることを説いた。 ほとんどがアンドレア・デル・サルトの作品である中、これと次の2枚はデル・サルトがフランス王フランソワ1世に招かれてフィレンツェを離れた際にフランチャビージョの手によって描かれた。 2020年、美術史を勉強して一緒にフィレンツェに行きませんか?詳しくはこちらから https://community.camp-fire.jp/projects/view/203291 #フィレンツェ #ルネサンス #マニエリスム #イタリア #イタリア観光 #美術館 #名画 #イタリア絵画 #西洋美術史 #西洋美術 #美術館巡り #ヨーロッパ美術館 #フィレンツェ観光 #隠れ名所

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

キリストと洗礼者ヨハネが出会うシーン

信者に洗礼を施しているヨハネの元にキリストは洗礼を受けに来る。キリストが救世主であることがわかったヨハネは「私でいいんですか?」と問う。

View this post on Instagram

スカルツォの回廊、続き。こちらもピンチヒッターのフランチャビージョ作。キリストと洗礼者ヨハネの邂逅。洗礼者ヨハネはキリストより半年早く産まれた。同じように神の力によって老夫婦に授かった子だが、ヨハネは人間の子。ラクダの毛皮と十字架がアトリビュート。 2020年8月に一緒にフィレンツェに行きませんか?オンラインサロンの登録はこちらから。 https://community.camp-fire.jp/projects/view/203291 #イタリア #フィレンツェ #名作 #モノクローム #フレスコ画 #イタリア美術 #美術館 #美術館巡り #西洋美術史 #西洋美術史講座 #ルネサンス #ルネサンス美術

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

キリストの洗礼

一番最初に描かれた作品。キリスト教においてキリストの洗礼は聖書に描かれる数々の説教や活動を始める重要なシーン。

View this post on Instagram

久しぶりにスカルツォの回廊続き「キリストの洗礼」 キリストの活動はこの洗礼の後から始まる重要な儀式。30歳、そこから約3年間で磔刑。「私があなたを洗礼するのですか」と問うヨハネにキリストは、今はあなたから受けたいと答える。その時精霊が祝福して降りてくる聖書のシーンが描かれている。レオナルドダ・ヴィンチと師匠ヴェロッキオの影響を受けた作品。 #フィレンツェ #誰も知らないフィレンツェ #名画 #名画の秘密 #美術館 #小さな美術館 #フィレンツェ小さな美術館 #イタリア #フィレンツェ観光 #イタリア旅行

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

説教する洗礼者ヨハネ

荒野で修行を続けるヨハネは集まる人々に悔い改めるよう説教する。

View this post on Instagram

スカルツォの回廊続き「説教する洗礼者ヨハネ」 洗礼者ヨハネは荒野でラクダの毛皮を着てイナゴと蜜だけを食べながら修行していた。彼の元で洗礼を受けようとした人達に罪を悔い改めるよう説教する。実際の説教の内容は現代でも通じるようなわかりやすい内容だった。でもとても激しく、その後当時の王に捉えられる。 #フィレンツェ #スカルツォの回廊 #誰も知らないフィレンツェ #美術館 #海外美術館 #美術館巡り #イタリア観光 #小さな美術館 #ルネサンス #フィレンツェ観光 #フィレンツェ観光ガイド

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

信者に洗礼を授けるヨハネ

ヨハネが他の人たちに洗礼を授ける様子。マザッチョからの影響がみられる。

View this post on Instagram

スカルツォの回廊続き 洗礼者ヨハネが洗礼を授ける様子。洗礼を授ける人達にキリストも混じって受けた。この絵の100年前に同じフィレンツェで描かれたマザッチョのフレスコ画の聖ペテロの洗礼と同じ構図。マザッチョは後年の画家に大きな影響を与えた。 *** 「美術館が楽しくなる!西洋美術史基礎講座 ギリシャ時代〜ポスト印象派」 1月の募集を開始しました。 1/26 11:00〜13:00 ヴェネツィア派と北方ルネサンス https://bit.ly/2YmcXYK #フィレンツェ #イタリア #西洋美術史 #日曜美術館 #西洋美術 #美術館 #フィレンツェガイド #イタリア観光 #美術館巡り #美術展 #イタリア美術 #小さな美術館 #ヨーロッパ

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

捕らえられるヨハネ

時の王ヘロデを糾弾しヨハネは捕らえられる。

踊るサロメ

姪であるサロメが舞の褒賞にヨハネの首を希望する。19世紀にファムファタールの代表になったが、聖書では母の希望を叶えたとして描かれる。

View this post on Instagram

#フィレンツェ スカルツォの回廊 久しぶりの投稿。 ヘロデの誕生日を祝う宴。ヘロデはイスラエルの王。当時のイスラエルはローマ帝国の支配下。ローマからの役人達も招待されている。義理の娘サロメが祝いのために踊りを披露する。サロメは左から2番目。サロメの踊りに満足したヘロデは褒美になんでもあげる、というところから悲劇が始まる。テーブル右に座るのがヘロデ。左に座るのが王妃でサロメの母へロディア。もともとヘロデの兄と結婚してサロメをもうけていた。洗礼者ヨハネは、兄弟の妻を娶るのは近親相姦として非難し、捕らえられた。 3/29西洋美術史講座開催します。 https://bit.ly/2YmcXYK #フィレンツェ #フィレンツェ観光 #イタリア #イタリア観光 #西洋美術史 #モノクローム #フレスコ画 #美術館 #美術館巡り #小さな美術館 #ルネサンス #ルネサンス美術 #誰も知らないフィレンツェ #誰も知らない美術館 #ヨーロッパ美術館

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

処刑されるヨハネ

ヨハネが処刑されるシーン。王としての威厳と人民からの信頼の厚さの間で苦悩したが、舞の褒美として与えることで一応解決。

首を持って現れるサロメ

王の苦悩の表情が印象的なシーン。これでヨハネのストーリーは終わる。

View this post on Instagram

#フィレンツェ スカルツォの回廊 最後の場面。 真ん中のテーブルに座るのが王ヘロデと妻ヘロディア。左にいるサロメの手には銀の皿に乗せられた洗礼者ヨハネの首。ヘロデ王は複雑な表情。この日はヘロデ王の誕生日。自分が命じたこととはいえ、民衆の人気高い修行者を処刑するのは複雑だったことがうかがえる。右端の人物のポーズは #ミケランジェロ 作サン・ロレンツォ教会 新聖具室 ロレンツォの墓標を参考にしている。 次回、回廊に描かれた寓意像と画家の胸像を紹介。次回でスカルツォの回廊は最後だよ☆ #フィレンツェ #イタリア #小さな美術館 #美術館巡り #美術館 #誰も知らないフィレンツェ

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

寓意像と彫像

入り口と反対側に描かれるのはキリスト教の美徳の寓意像。そして画家アンドレア・デル・サルトと信心会を支えた司教アントニーノ・ピエロッツィの胸像が置かれる。

View this post on Instagram

#フィレンツェ スカルツォの回廊 寓意像と胸像。 入り口の上には#フレスコ画 を手がけたアンドレア・デル・サルトの胸像がある。 その下描かれているのは左が「信仰」右が「希望」の寓意。「信仰」は彼の妻ルクレツィアがモデルになっていると言われている。反対側にはこの回廊が捧げられた洗礼者ヨハネの彫刻と、信心会を後押しした15世紀フィレンツェの司教アントニーノ・ピエロッツィの胸像。フレスコ画は左で剣を持っている「正義」と右で子供達を抱えている「慈愛」。キリスト教の7つの美徳のうち4つが描かれている。これでスカルツォの回廊の一周が終わり。明日からはウフィツィ美術館の作品を紹介。 #イタリア #小さな美術館 #美術館巡り #美術館 #誰も知らないフィレンツェ

A post shared by 京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子 (@mariko77kato) on

モノクロームの回廊、人が少ないのでぜひご覧になってください。

-フィレンツェ, 作品紹介, 誰も知らないフィレンツェ

Copyright© フィレンツェ公認観光ガイド 加藤まり子 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.