美術講座

プラチナバッジ認定と5月オンライン講座割引について

投稿日:

ストアカのプラチナバッジ認定

この度ストアカでプラチナバッジに認定されました。

いつも応援いただきありがとうございます!
ストアカのプラチナバッジは本当に厳しい条件です。
このバッジをいただけたのもみなさんの応援のおかげです。

感謝の気持ちを込めて5月中のオンライン講座が10席まで20%OFFです。
これを機会に気になっていた講座をのぞいてみませんか?

5月の予定

西洋美術史基礎講座 5月は2回!

7回でギリシャ時代から19世紀までの西洋美術史を説明する「西洋美術史基礎講座」
緊急事態宣言で延期していましたが、5月はオンラインで2回開催します。

5/10 第6回目「ロココ〜新古典主義」

今回は18世紀の美術、主にフランスに注目します。

絶対王政下のフランスでは優美で女性的なロココが流行します。

しかしフランス革命で状況は一変。美術作品も大きく転換します。

前半でポンパドゥール夫人やマリーアントワネットが登場するロココ様式、後半でフランス革命とナポレオンに代表される新古典主義を扱います。

11:00〜12:00 ロココ:華やかな宮廷文化
12:05〜13:05 新古典主義:フランス革命とナポレオン

5/31 最終回 「19世紀:ロマン主義〜ポスト印象派」

19世紀に入り、ヨーロッパは帝国主義で世界がどんどん広がります。

美術もそれまでの規範にとらわれない印象派やポスト印象派が生まれます。

モネやルノワール、ゴッホなど、日本でも人気の高い作品を取り上げます。

19世紀を前半と後半に分けてそれぞれ説明します。

11:00〜12:00 ロマン主義、写実主義、バルビゾン派

12:05〜13:05 印象派、象徴主義、ポスト印象派

ゴッホ「ひまわり」

 

新講座スタート!

4月、5月と新講座をはじめました。

旬の美術展から学ぶ!西洋美術のミカタとヒミツ☆

5月は先月に引き続きロンドンナショナルギャラリー展を解説します。

フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」

5/15, 16 ロンドンナショナルギャラリー展 解説!肖像画、風景画
https://bit.ly/2xPa0XF

一番やさしい美術講座♡初心者のための西洋美術入門

毎回5作品に絞って詳細を解説します。

5月は「聖母マリアの物語」6月は「マグダラのマリア」を解説します。

ティツィアーノ「ノリ・メ・タンゲレ」

一番やさしい美術講座♡初心者のための西洋美術入門 https://bit.ly/2y1CMoj
6/7 マグダラのマリアの物語

☆夜の美術トーク☆

普段の昼間の講座では伝えられない「ウラ話」を、あえて夜に開催してお伝えする☆夜の美術トーク☆
「ウラ話」とはいえ、全て美術史の一部。画家や依頼主、時代背景に基づくお話です。
美術館で誰も知らないウラ事情を密かに思い出しながら鑑賞する参考にしてください。

次回6/6は「法悦〜エクスタシー」。宗教的体験としての法悦はティツィアーノやカラヴァッジョが描いた画題です。
20世紀に入ってからはクリムトが「ユディト」などで新しい境地を開いた背景などをお話します。

 

-美術講座

Copyright© フィレンツェ公認観光ガイド 加藤まり子 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.