美術講座

*チャリティー講座*金曜夜「ロンドンナショナルギャラリー展」解説講座

投稿日:

4/17 ロンドンナショナルギャラリー展 解説講座を開催します。

2020年4月から新しく【金曜夜講座】会社帰りに旬の美術展を学ぶ!西洋美術のミカタとヒミツ☆を開催します。

記念すべき初回4/17は国立西洋美術館で開催予定のロンドンナショナルギャラリー展を解説します。

フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」

フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」

コロナウィルス対策で国立西洋美術館は臨時休館中ですが、会期は6月まで開催の予定。そしてその後大阪の国立国際美術館に巡回します。

ゴッホ「ひまわり」

来日する作品もそうでない作品も名作揃い。自国イギリスの作品はもちろん、フィレンツェのルネサンス作品のコレクションも世界でトップクラスです。ロンドンナショナルギャラリー所蔵の名作を2回に渡って解説します。

4月は「物語」にちなんだ作品。聖書やギリシャ神話にちなんだ作品を取り上げます。

5月は「肖像画、風景画」を取り上げる予定です。

コロナウィルス対策への寄付について

今回の講座は、東京都に緊急事態宣言が発令されているためオンラインで開催します。

そして、収益の一部をイタリア赤十字に寄付することにしました。

ご存知の通りイタリアはコロナウィルスで大きな被害を受けました。3年間住んでいたので、毎日ニュースを見ながら心を痛めていました。

フィレンツェ大聖堂のドーム

現在ストリートアカデミーを通じて多くの方に講座を受講していただいています。

講座でお話ししている内容はフィレンツェ公認観光ガイドになるための学校で学んだ内容がベースとなっています。

ガイドのの学校の仲間たちと

イタリアとそこに住む人たちが早く元どおり元気になって欲しい…そんな中私が何ができるかを考え、イタリアで学んだ知識をベースにした講座の収益の一部を寄付することにしました。

イタリアの救急車はイタリア赤十字のボランティアの方が多く従事されています。収束しつつあるとはいえ、今後も予防や立て直しが必要です。日本含め世界各国で対策が必要ですが、今の私の基礎を作ってくれたイタリアが1日も早く回復できるよう、そして旅行できるようになるよう微力ながら貢献したいと思います。

フィレンツェを一望できるバラ園から

早く日常が戻りますように…

-美術講座

Copyright© フィレンツェ公認観光ガイド 加藤まり子 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.